危険が忍び寄る?ノロウイルス

ノロウイルス

危険が忍び寄る?ノロウイルス

 

ノロウイルスという言葉は、たいていの人は聞いたことはと思います。

 

最近はテレビでニュースとしてよく取り上げられていますよね。

 

ノロウイルスにかかったことある方は知っていると思いますが、
本当に辛い症状が多いものです。

 

ノロウイルスのことを知りこれからの冬に感染しないようにしていくにはどうしたらいいのか。

 

それらを考えていきましょう。

 

 

ノロウイルスとは?

 

 

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。

 

ノロウイルスの“ノロ”は発見された地名からきていると言われています。

 

発見され命名されたのが2002年となっており元はSRSV(小型球形ウイルス)と
呼ばれていました。

 

皆さん知っての通り、ノロウイルスは冬に蔓延します。

 

ノロウイルスの感染は経口感染が原因です。

 

主に飲食物からの感染と考えるのがいいでしょう。

 

よく言われる食中毒の部類です。ノロウイルスに汚染された水や食品、

 

特にカキを含む二枚貝が多いと言われています。

 

生ガキなどあたると怖いなどよく言われていますが、

 

これからきているのではないのでしょうか。

 

 

ノロウイルスの症状

 

 

ノロウイルスの症状を上げていきましょう。

 

ノロウイルスの潜伏期間は24〜48時間で、下痢、吐き気、

 

腰痛、発熱が主な症状と言われています。通常は3日以内で回復します。

 

発熱は38°以下だそうです。これらの症状が一度にきたらもう悲惨で目も当てられませんね。

 

下痢、吐き気といった症状はノロウイルスではなくても辛いものです。

 

症状は当たり前ですが個人差があり、一般的にはこの程度だと言われています。

 

 

対策:ノロウイルスを防ぐには

 

ノロウイルスの効果的な対策とは、特別なことではありません。

 

カキなどの二枚貝は中心部までよく火を通して食べましょう、手洗いをしっかりしましょう、

 

といった基本的な手から口へ入る経路の対策と菌を火を通して殺菌するなどおよそ食中毒

 

全般の対策になります。

 

冬はウイルスが色々と言われる時期です。

 

手洗いうがいを習慣づけるのは良いことです。

 

自分だけではなく、二次感染の予防も大切です。

 

ノロウイルスは経口感染だけでなく、感染者の便や吐瀉物に接触したりした場合も

 

感染する恐れがあります。

 

それを防ぐには、感染者の便や吐瀉物には接触しないように、

 

ビニール手袋やマスクなどを用いて掃除することにしましょう。

 

日頃の手洗いうがいではどうにもならないと思われていますが、

 

自分自身が清潔に保つことでその他の病気も防ぐことができるので、

 

やはり手洗いうがいを念入りにすることが大切でしょう。


スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
喘息とは?原因や治療法
喘息に関することの記事を集めました。 その症状、原因や治療の記事を掲載しています。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。
加齢黄斑変性症に関する記事を掲載しています。 大事な目の病気の症状や対策など記事にしています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?
パーキンソン病に関することの記事を集めました。 パーキンソン病の症状,原因、薬などの情報を掲載しています。
熱中症とは?対策法を考える
熱中症に関することの記事を集めました。
インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法
インフルエンザに関することの記事を集めました。 その症状や日ごろの予防などを掲載しています。