インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法

ノロウイルス

毎年、冬になるとインフルエンザが流行しますね。

 

マスクをつけた人を多く見かけるようになります。

 

インフルエンザの流行時期は12月から3月とされています。

 

温度が低く乾燥した冬は空気の中に漂っているウイルスが長生きすることができるので、

 

こういった寒い時期に流行します。

 

インフルエンザの症状や、インフルエンザの予防などを知り、

 

これから流行するであろうインフルエンザに対策できるようにしましょう

 

インフルエンザの症状

 

インフルエンザウイルスの潜伏期間は、1〜2日で、およそ10日以内には発症します。

 

突然38℃以上の高熱や全身がダルくなり、食欲不振や関節の痛みなどが起きます。

 

これだけ聞くと、風邪と何が違うの?と思われますが、普通の風邪では

 

発熱ももっと低く、くしゃみや喉の痛みや鼻水などが主な症状になります。

 

風邪とインフルエンザは原因ウイルスが根本的に違うというのが大きな違いです。

 

もし発症したら

 

 

もしインフルエンザに発症したら、まずはかかりつけの医師の指示に従うことが先決です。

 

そのうえで、体を休ませること、つまり安静にしておき、水分や栄養を十分にとることが

 

最も効果的です。

 

医師に薬や抗生剤など処方してもらうことが多いでしょうが、実際どれほど効くかは人それぞれ

 

の場合がありますが、人間の体の抵抗力され強ければ、症状が軽くすんだり、早めに治ったり

 

する可能性が高くなります。ですので、まずは、安静、栄養補給で体の状態を整えることです。

 

その上で、2次感染を防ぐための方策をとりましょう。マスク着用や人ごみを避けるなどですね。

 

 

インフルエンザの予防

 

 

毎年、インフルエンザの予防接種をしている方もいるかもしれません。

 

インフルエンザの症状はとても辛いですし、インフルエンザになった場合、

 

学校にも職場にも行くことが出来なくなります。

 

仕事に影響するのは避けたいものです。

 

ですが、インフルエンザの予防接種をしたのにインフルエンザに掛かってしまう人も多いのです。

 

インフルエンザにならない為に予防接種をするのは当然として、

 

日常的にも予防出来るように対策していきましょう。

 

日常的にできる予防方法としては、栄養と休養を十分に

 

取ることがやはり重要になってきます。

 

日頃から免疫力を高めておくのは普通の風邪の予防にもなります。

 

それ以外にも、人混みを避けて病原体であるインフルエンザウイルスを

 

寄せ付けなくするのも方法の一つです。

 

ですが、通勤時などには人混みを避けることは難しいかもしれません。

 

その場合には、人が多いと思われる場所ではマスクをつけるなども

 

予防の一つとして挙げられます。

 

ウイルスは涼しくて乾燥した空気を好みます。

 

適度に暖かく湿度を高くするのが効果的です。

 

家の部屋の中では加湿器などで適度な温度と湿度を保つのがいいでしょう。

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
喘息とは?原因や治療法
喘息に関することの記事を集めました。 その症状、原因や治療の記事を掲載しています。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。
加齢黄斑変性症に関する記事を掲載しています。 大事な目の病気の症状や対策など記事にしています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?
パーキンソン病に関することの記事を集めました。 パーキンソン病の症状,原因、薬などの情報を掲載しています。
熱中症とは?対策法を考える
熱中症に関することの記事を集めました。
危険が忍び寄る?ノロウイルス
ノロウイルスに関することの記事を集めました。 ノロウイルスの症状や予防について掲載しています。