熱中症とは?対策法を考える

熱中症

熱中症は主に夏ですが、近年は5月ごろからすでに夏日を記録する日も多く、

 

熱中症を訴える人も多くなります。熱中症患者が年々増えているなどのデータもあります。

 

熱中症になったことのある方はわかると思いますが、熱中症にかかると気持ち悪いなど

 

様々な症状が起きとても辛い症状が続きます。熱中症とはどんなものか、

 

熱中症の予防など詳しく見て行きましょう。

 

熱中症とは?

 

そもそも熱中症とは、熱によって起こる様々なからだの不調のことを指します。

 

暑さによって体調調節機能が乱れ、体内の水分量、塩分量のバランスが

 

崩れることが原因で様々な症状が起きます。

 

熱中症の原因とは?

 

運動などをして我々の体の中で熱が生まれ、通常では体温調節機能で

 

上がりすぎた時は調節してくれるという機能があります。

 

しかし、熱中症になるとその体温調節機能が正常に稼働せずに、

 

体の外に熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇してしまいます。

 

それに加え、急激に大量の汗をかくと、体内の水分と塩分が失われて

 

体液のバランスが崩れてしまいます。それが筋肉や血液、

 

神経などのさまざまな部分に影響をおよぼすと、結果的に、痙攣や目眩、

 

失神、頭痛、吐き気などの熱中症の症状があらわれます。

 

熱中症は外とは限らない

 

熱中症は7月8月の暑い時期が最も症状を訴える方が多い時期ですが、

 

実は梅雨の時期である6月にも近年増え始めています。梅雨の時期はとかく

 

室内にいることが多く、熱中症とは無縁だと考えがちです。しかし危険はそこにもあります。

 

5月ごろから気温が上がり始め、まだ体が暑さになれていないということも

 

ありますが、6月の湿度が高い時期には、体温の調節ができず熱中症にかかりやすくなります。

 

つまり、人間の体は、体温が上がると汗をかき、その汗が蒸発することによって熱を放出し、

 

体温を下げる働きがあります。しかし、梅雨の時期は湿度が高いため、汗をかいてもその汗が

 

蒸発しにくくなり、熱を放出できず、体温があがりっぱなしになって熱中症に陥ってしまうという

 

ことになります。その場合、最も効果的な対策は汗を濡れたタオルで拭いてあげることです。

 

そうすれば、濡れたタオルで体温を下げる働き、いわゆる汗が蒸発して熱を放出する働きの代わり

 

をしてくれます。

 

 

熱中症の前兆

熱中症になったら、酷い時は上記で書いてあるように失神、嘔吐、

 

痙攣などが起きてしまいます。

 

熱中症の前兆に気づき、悪化する前に対策するのが大切です。

 

その前兆とは一体どのようなものか。それを少し挙げていきましょう。

 

簡単に自己診断する方法としては、“爪を押したあと、

 

白色から桃色になるまで3秒以上かかる”、

 

“手の甲の皮膚をつまみ上げて離したあと、山の形が3秒以上残る。”

 

“皮膚が感想して、かさつく”、“口の中が粘っこくて、食べ物が

 

飲み込みにくい”などの症状が出ている場合は、

 

いずれも体内の水分不足により起こる症状です。

 

これらは隠れ脱水の症状です。

 

これらが複数出てくるとなれば、気をつけるようにしてください。

 

熱中症の予防

 

そこで、熱中症にならない為にする予防法を3つほど挙げていきましょう。

 

規則正しく、栄養バランスの良い食生活を送る。

 

これは健康的な生活の基本とも言えますが、こういった気遣いが

 

熱中症の予防にもなります。

 

暑い季節は食欲があまりなく、そうめんなどの麺類ばかり

 

食べてしまいがちの方も多いと思います。

 

そのように一つのものだけを食べていると、内蔵や脳の働きが鈍くなり、

 

体の調節をするのも対応がしにくくなります。

 

しっかりとした睡眠を取り、熱中症の予防に必要な水分とミネラルを取ることが大切です。

 

服装に気をつける

 

夏は基本的に涼しい格好をしたいものです。

 

熱の籠るような服はあまり避けたいですね。

 

熱中症の予防として、外からの熱の吸収を抑え、

 

体の熱をスムーズに逃がすような服装を着るのが好ましいです。

 

吸水性や通気性が優れてい綿や麻といった素材の服を着るのがいいです。

 

入浴は低温にし、短時間にするようにする。

 

長風呂が好きな方には残念なお知らせかもしれませんが、

 

高温のお風呂に長時間入浴するのは汗をかき、

 

脱水症状を起こす危険性があり、あまりおすすめされません。

 

40℃のお湯に10分間つかると、体内から約500mlもの水分が

 

失われると言われています。

 

そのため、入浴の前後にコップ一杯程度の

 

水を飲むのがお風呂に入るときには推奨されています。

 

 

熱中症の予防に最適な食べ物


熱中症を予防する食べ物を何個か挙げていきましょう。

 

牛乳、梅干し、スイカ、冷たい味噌汁、スポーツドリンクなどがすぐに挙げられます。

 

多くは塩分が含まれているものが一般的ですね。飲む点滴など言われるポカリなんかは

 

典型的な水分、塩分補給として有名です。

 

手軽に水分とミネラルを取ることが出来るスポーツドリンクを

 

夏場には手放さないようにして熱中症対策をしていきたいものですね。


スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
喘息とは?原因や治療法
喘息に関することの記事を集めました。 その症状、原因や治療の記事を掲載しています。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。
加齢黄斑変性症に関する記事を掲載しています。 大事な目の病気の症状や対策など記事にしています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?
パーキンソン病に関することの記事を集めました。 パーキンソン病の症状,原因、薬などの情報を掲載しています。
インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法
インフルエンザに関することの記事を集めました。 その症状や日ごろの予防などを掲載しています。
危険が忍び寄る?ノロウイルス
ノロウイルスに関することの記事を集めました。 ノロウイルスの症状や予防について掲載しています。