パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?

パーキンソン病とは、脳内のドパミンという物質の減少によってスムーズな動き、

 

運動が出来なくなるという病気です。

 

パーキンソン病のハッキリとした原因はわかっておらず、

 

加齢による遺伝子の損傷などとも考えられています。

 

パーキンソン病は10万人あたり50〜100人の患者がいます。

 

発症はほとんどが50代後半の初老期で、

 

一般的には遺伝しない疾患とされています。

 

原因が分からないからパーキンソン病は

 

難病で治らないのでは?と思ってしまいますね。

 

パーキンソン病の事を詳しく知り、

 

症状が進行しないように務めることが大切です。

 

パーキンソン病の症状とは?

 

パーキンソン病の主な症状を見て行きましょう。

 

運動に関する症状が多く見られます。手足の震え(振戦)、

 

動きが遅くなる(無動)、筋肉が硬くなって関節の曲げ伸ばしが

 

上手く行かなくなる(固縮)、体のバランスが取りにくくなる

 

(姿勢反射障害)の4つが挙げられます。

 

この4つの症状は、パーキンソン病の4大症状と呼ばれます。

 

その4大症状の他にも、不眠や便秘、抑うつ、認知機能障害などの

 

非運動症状も挙げられます。

 

うつ症状の患者の約半数がその非運動症状が見られており、

 

患者自身やその家族もパーキンソン病だと

 

気づかないケースも多いそうです。

 

そのような症状が見られる場合は、まずは精神内科医の

 

診察を受診し早期発見することが大切です。

 

パーキンソン病の治療とは?薬があるのか?リハビリ?

 

パーキンソン病になってしまったら、もう治らないのか?

 

どんな治療法があるのかを見て行きましょう。

 

パーキンソン病の主な治療法は、薬物療法、遺伝子療法、

 

手術療法があります。

 

薬物療法がパーキンソン病における治療の中心と言われています。

 

原因であろう減少しているドパミンという物質を補ったり、

 

ドーパミンの代わりになるものを薬剤として服用することです。

 

症状の緩和に何よりも重要なことは、日常生活の心がけが大切です。

 

パーキンソン病になると普段の生活がし辛くなります。

 

手の震えや姿勢などのせいで食事や運動がし辛くなります。

 

生活環境の整備や、食事の仕方などを工夫していく必要がありますが、

 

必要以上に病気を意識しすぎずにこれまでの生活を

 

送るようにすることが良いとされています。

 

特別なリハビリは不要とされており、日常生活がリハビリとされます。

 

病気や投与される薬の理解を深め、日常生活を

 

送るようにする態度が何よりも大切です。

 

パーキンソン病のことを少しは分かることが出来たでしょうか?

 

自分自身が、家族がパーキンソン病になったとしても、

 

いつも心を豊かにもって対応していきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
喘息とは?原因や治療法
喘息に関することの記事を集めました。 その症状、原因や治療の記事を掲載しています。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。
加齢黄斑変性症に関する記事を掲載しています。 大事な目の病気の症状や対策など記事にしています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
熱中症とは?対策法を考える
熱中症に関することの記事を集めました。
インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法
インフルエンザに関することの記事を集めました。 その症状や日ごろの予防などを掲載しています。
危険が忍び寄る?ノロウイルス
ノロウイルスに関することの記事を集めました。 ノロウイルスの症状や予防について掲載しています。