加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。

黄斑変性症

“加齢黄斑変性症”をご存知でしょうか?

 

加齢からくる黄斑変性症のことです。

 

黄斑変性症は見ようと思うものが歪んで見えたり、視界の中心部がぼやけてしまったりして

 

視界が狭くなるような病気のことです。

 

黄斑変性症とは−?

 

加齢から来る黄斑変性症の治療や原因は−?など見て行きましょう。

 

加齢黄斑変性症とは?

 

加齢黄斑変性症とは、加齢に伴い眼球の網膜にある黄斑部という部分が変性を起こす疾患のことです。

 

失明の原因ともなる病気のことです。

 

先ほど述べた通り、黄斑変性症は、見るものが歪んだり中心部がぼやけたりします。

 

年をとると老眼になるなど目が融通効かなくなるなどといいます。

 

初期症状としては目が変に見えたりするそうです。

 

それに気づき眼科に受診した際にこの黄斑変性症の発症に気づくことが多いそうです。

 

悪化していくと、視界の歪みが強くなり、眼底出血などにより視力が低下し、最悪失明に至る場合もあるそうです。

 

黄斑変性症のチェック

 

いつも見ている視界がいきなり歪むことはあまりありません。

 

次第に歪んでいき、時間が経った後に気づいてしまうものです。

 

そこで、この黄斑変性症には正常に視界が見えているかなどのチェックする方法があります。

 

インターネットなどで「黄斑変性症 チェック」などと検索していただければ、そういった画像が出てきます。

 

黒い四角が重なったような画像を片目ずつで見ていくチェックです。

 

参考図
黄斑変性症

 

片目ずつで見て、
1.部分的に先が歪んで見える
黄斑変性症

 

2.部分的にぼやけて見える
黄斑変性症

 

3.格子が部分的に欠けて見える
黄斑変性症

 

などのチェック項目があります。

 

一つでも当てはまる方は黄斑変性症の可能性があるので、

 

眼科を受診するのがいいと思われます。

 

加齢黄斑変性症の治療方法

 

黄斑変性症の症状の視界が歪む、欠けるなどの症状は人によっては急激に進行します。

 

そうなってしまえば、手遅れになり失明することになってしまうかもしれません。

 

そこでこの黄斑変性症にはどのような治療があるか?

 

黄斑変性症の治療法は主に3つの治療が行われています。

 

1,レーザー光凝固術。

 

2.脈絡膜新生血管抜去術。

 

3.黄斑移動術。の3つです。

 

“眼球”というデリケートな部分を触るわけですから、このような大変な手術が多いものです。

 

みなさんも若いうちから目を大切にするようにしましょう。


スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
喘息とは?原因や治療法
喘息に関することの記事を集めました。 その症状、原因や治療の記事を掲載しています。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?
パーキンソン病に関することの記事を集めました。 パーキンソン病の症状,原因、薬などの情報を掲載しています。
熱中症とは?対策法を考える
熱中症に関することの記事を集めました。
インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法
インフルエンザに関することの記事を集めました。 その症状や日ごろの予防などを掲載しています。
危険が忍び寄る?ノロウイルス
ノロウイルスに関することの記事を集めました。 ノロウイルスの症状や予防について掲載しています。