喘息とは?原因や治療法

喘息

寒い時期になり、風邪で咳をしている人をよく見かけるようになってきました。

 

マスクをして予防をしている方も多いかと思います。

 

ですが、風邪が治ったはずなのに咳が止まらない。

 

というような方は“咳喘息”の疑いがあるかもしれません。

 

今回は喘息について見て行きましょう。

 

あなたはもしかして喘息になる危険性が高いかもしれません。

 

 

喘息とは?

 

“喘息”という言葉は耳にしたことがあると思います。

 

周りの方で喘息持ちの方などいるかもしれません。

 

喘息とは、激しい咳が出る、呼吸が苦しくなったりする、

 

喘鳴という喉からゼーゼーやヒューヒューなどの音がなるなどの

 

症状が喘息の発作とされています。

 

喘息は気管支などの気動が炎症によって狭くなる病気のことです。

 

喘息になるとちょっとした刺激で気道が狭くなったりして息苦しくなります。

 

喘息の症状は?

 

喘息の症状としては、呼吸困難に陥りそうになるほどの激しい咳や痰、

 

急に胸が痛くなる。動悸息切れ、背中の張り、空咳などです。

 

日本では子どもの5〜7%、大人の3〜5%が喘息にかかっていると言われています。

 

重症になると、呼吸困難になり意識に関わるものまでになってしまいます。

 

喘息の原因

 

喘息の原因の多くはアレルギーとされています。

 

アレルギーの元となるアレルゲンとして挙げられるのは、ダニ、ハウスダスト、

 

ペット、花粉、食物が主に挙げられます。アレルギー性で起きるもので、

 

これらがトリガーとなり発作が起きることが多いです。

 

また、アレルギー以外の誘因としては、運動、たばこ、過労やストレス、大気感染、

 

香水などのきつい匂いなどからも起きるとされています。

 

アレルギーが原因となる場合は、自分がどのアレルギーで喘息の発作を

 

引き起こしているのかどうかを調べなければなりません。

 

アレルギーにはハウスダストやダニなど、常に住んでいる環境によるものもあり、

 

すぐにでも調べなければ悪化していまうので、すぐに受診することが大切です。

 

治療方法

 

治療方法としては、気道の炎症を改善することで喘息はよくなります。

 

喘息の予防治療として有名なのは“吸入ステロイド薬”です。

 

吸入器を使い、炎症が怒っている気道に薬を付着させ良くするものです。

 

しかし、ステロイド薬と聞くと副作用が気になってしまいます。

 

今までも副作用などで問題になった例もあります。

 

そういう方には漢方治療などもあり、吸入ステロイドほど即効性はないですが、

 

薬については医師との相談で自分に適したものを選ぶのが大切です。

 

喘息は環境的な要因やアレルギーなどの自身の身体的要因も多いです。

 

日頃から自分の気道の状態を知り、アレルギーなども自覚することが予防の第一歩といえるでしょう。


スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がんとは?症状や原因
子宮頸がんに関することの記事を集めました。 子宮頸がんの症状や原因などをとりあげています。 基本的な事項は頭に入れておきたいですね。
急性扁桃炎とは?その症状や治療法
急性扁桃炎に関することの記事を集めました。 症状や治療なども記事にあげますが、 急性扁桃炎で仕事を休まないよう気をつけたいものです。
本当は知らない認知症についてと対策
認知症に関することの記事を集めました。認知証の症状、原因そして対策予防はあるのかなど掲載しています。
加齢黄斑変性症。目を大切にしましょう。
加齢黄斑変性症に関する記事を掲載しています。 大事な目の病気の症状や対策など記事にしています。
花粉症とは?原因と対策
花粉症に関する記事を集めました。 スギやヒノキの花粉が体にどのように作用して いくのか原因を掘り下げていき、その対策を 考えてみたいと思います。
パーキンソン病とは?原因不明と言われる病気にどう対応すればいいのか?
パーキンソン病に関することの記事を集めました。 パーキンソン病の症状,原因、薬などの情報を掲載しています。
熱中症とは?対策法を考える
熱中症に関することの記事を集めました。
インフルエンザにならないように予防を!!日頃から出来る予防法
インフルエンザに関することの記事を集めました。 その症状や日ごろの予防などを掲載しています。
危険が忍び寄る?ノロウイルス
ノロウイルスに関することの記事を集めました。 ノロウイルスの症状や予防について掲載しています。