ツワブキは美味しい?ツワブキの調理法など

ツワブキ

ツワブキとはキク科ツワブキ属の多年草のことです。

 

ツワブキは草丈は50cm程度で、地下に短い茎があり、

 

地上には葉だけが出ている状態となっています。

 

葉は根性葉で葉身は基部が大きく

 

左右に張り出し全体で円形に近くなります。

 

長い葉枝を持って、大きく切れ込んだ葉身の中心につきます。

 

そのような多年草について今回は掘り下げていきたいと思います。

 

ツワブキとは?

 

ツワブキは多年草です。

 

ツワブキは、日陰でもよく育ち、園芸植物として、

 

日本庭園の岩組みや樹の根元などに好まれます。

 

ツワブキは開花します。その開花時期としては、

 

10月?12月とされており、本州の地方から

 

沖縄にかけて分布して生息しています。

 

そのツワブキについて食べれるのか?

 

という部分を疑問に思っている方も多いです。

 

ツワブキの調理、食べ方について見て行きましょう。

 

ツワブキを調理する

 

ツワブキを調理する際に気になることといえば、

 

ツワブキの固い皮です。

 

ツワブキのその固い皮はそいで調理します。

 

また、ツワブキはアクが強いものとされており、

 

調理をする際にはアク抜きが必要になっていきます。

 

佃煮などの場合は、皮を削いでから水に一晩ほどさらして、

 

そしてその後に茹でてアク抜きをしてその後に調理します。

 

ツワブキは、アク抜きをした後は炒めものなどによく使えます。

 

パスタなどにも入れてもアクセントとなりとても良いと言われています。

 

アク抜きした後のツワブキは、フキのように佃煮や

 

キャラブキによく使えます。

 

それ以外にも煮物に使うのも美味しく、スープなどにもあいます。

 

ツワブキの栄養価

 

ツワブキは細胞の老化や血栓の発生を防ぐ働きがあるとされています。

 

または食物繊維が豊富な為、便秘を改善したり、

 

抗菌の働きをすると言われています。

 

それ以外にも高血圧や動脈硬化の予防にも有用とされています。

 

このツワブキの栄養として特筆されるべきものは、

 

ヘキセナール、カリウム、ビタミンCなどです。

 

ツワブキはそれ以外にも生体をウイルスの攻撃から

 

保護されると言われており、古くから民間医療の領域で使われていました。

 

このような万能なツワブキをみなさんも調理して食してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

関連ページ

大切なアミノ酸のお話
アミノ酸に関することの記事を集めました。
春を食べる。土筆の調理
土筆に関することの記事を集めました。
土用の丑の日とは?ウナギを食べましょう
土用の丑の日に関する記事を集めました。
春キャベツ
春キャベツに関することの記事を集めました。 簡単レシピも紹介しています。
モーツァルト効果って本当?
モーツァルト効果に関することの記事を集めました。
ルイボスティーとは?どのような効能がある?
ルイボスティーに関することの記事を集めました。
目薬の木茶とは?
目薬の木茶に関する記事を掲載しています。
気になる口臭、原因や対策は?
口臭に関する記事を集めました。