春を食べる。土筆の調理

土筆

みなさん“土筆”は何と読むかご存知でしょうか?

 

みなさん恐らく何度も見たことあるものだと思います。

 

“土筆”は“つくし”と読みます。その土筆、みなさん食べたことありますか?

 

土筆は様々な栄養があり美味しく食べることの出来る食材です。

 

そこで今回は春に見るこの土筆のことについて見て行きましょう。

 

 

土筆の時期

 

みなさん土筆を見ると、「もう春だなあ」と感じると思います。

 

土筆は春の植物として有名です。

 

しかし、全国で取れる為土筆は地方によって取れる時期が違ってきます。

 

九州では3月頃、本州では4月、東北では5月の初旬となり旬を迎えます。

 

土筆は和歌の春の季語としても扱われており、

 

自然の中の“春”といった季節感あふれる食材です。

 

土筆の美味しい食べ方

 

それでは土筆の食べ方について見て行きましょう。

 

土筆は食べられない部分、袴があります。

 

袴は土筆の葉にあたるもので、ゆでても固くて食べることができません。

 

アクも出てくるので先に処理をしておきましょう。

 

土筆はアルカロイドという大量に食べると

 

体調が悪くなるものがあるので多く食べるのは避けましょう。

 

土筆の栄養価はビタミンCやカロテンを多く含んでいます。

 

土筆は袴だけではなく、灰汁が強いもので、灰汁抜きをしないと食べる事ができません。

 

一般的に沸騰したお湯の中に入れて5分ほどゆでてザルにあげて冷ましてから調理します。

 

土筆のレシピ

 

土筆の美味しい人気のあるレシピとしては、

 

卵とじや佃煮が定番の料理です。

 

それ以外にも土筆のおひたしや、季節感を味わうものとして

 

茶碗蒸しのトッピングなどの添え物に。

 

春の山菜天ぷらとして食べるのならば、

 

灰汁抜きをせずに袴を取り除き衣を付けて揚げましょう。

 

さくさくとした食感に春を感じさせる料理です。

 

土筆を食べる

 

土筆はどこで取れるかみなさんご存知でしょうか?

 

最近ではあまり見かけなくなったと感じませんか?

 

土筆は全国的に自生している植物です。

 

草原や田畑の近くにあることはみなさんご存知でしょうが、

 

道路の脇の植え込みなどにも探すと生えていたりします。

 

みなさんも春を感じるこの土筆を食べて実際に春を感じ取ってみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

関連ページ

大切なアミノ酸のお話
アミノ酸に関することの記事を集めました。
土用の丑の日とは?ウナギを食べましょう
土用の丑の日に関する記事を集めました。
春キャベツ
春キャベツに関することの記事を集めました。 簡単レシピも紹介しています。
モーツァルト効果って本当?
モーツァルト効果に関することの記事を集めました。
ルイボスティーとは?どのような効能がある?
ルイボスティーに関することの記事を集めました。
ツワブキは美味しい?ツワブキの調理法など
ツワブキに関する記事を集めました。
目薬の木茶とは?
目薬の木茶に関する記事を掲載しています。
気になる口臭、原因や対策は?
口臭に関する記事を集めました。