時の記念日

文化の日

6月10日は、時の記念日です。ご存知でしょうか?

 

あまり知られていないかもしれません。

 

しかし、今や急激なスピードで新しい情報が

 

飛び交う時代ですから、いかに時が大事なのかは、

 

昔以上に感じさせられます。

 

時の記念日のはいつから

 

時の記念日は、1920年に東京天文台と生活改善同盟会に

 

よって制定されました。

 

「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を

 

図ろう」と国民に呼びかけ、時間というの意識を強めるために

 

制定され広められました。

 

そもそも生活改善同盟会が、1920年(大正9年)に

 

東京教育博物館で「時の展覧会」を開催し、

 

その期間の6月10日を時の記念日としてたことから

 

始まります。

 

また一説には、大化の改新で有名な天智天皇が初めて

 

水時計を作り、時を刻んだのが6月10日だったとも

 

言われています。

 

その時代から時が刻まれたと聞くと、何か時というものは

 

色々な歴史を見て、時には残酷な時、

 

時には感動するとき、悲しい時、

 

すべてを含めてたんたんと時を刻んできたことに何か

 

感動といおうか、衝撃を受けてしまいます。

 

時の大切さを学ぶ

 

今や時計も発達して、電波時計なるものがありますよね。

 

自動で電波をキャッチして正確な時間に

 

修正する優れものです。

 

ここからもなぜそこまでして正確な時間に

 

こだわらなくてはいけないのか、

 

と疑問に思ったことがあります。

 

通常の生活では1分、2分のずれなんて大きな影響

 

はありません。

 

しかし、あらためて考えて見ますと、自分の人生は

 

よくてたかだか80年、ちょっと待った!はできません。

 

そう考えるならば、1分2分くらいという考えが

 

毎日をおろそかに生きている、つまり時間を、

 

人生無駄にしていることにつながっていきます。

 

現在、多くの幼稚園や小学校などで、

 

紙やダンボールなどで時計を作ったり、

 

時計を作っている工場などを見学しているそうです。

 

ゲームをしているとあっという間に時間が

 

過ぎてしまいます。

 

ゲームが人生に必要ないとは言えませんが(私も

 

ゲームをしている一人なので)、ただ、そのゲームを

 

している時間も自分の命を刻んでいる時間だということは

 

確かです。

 

実りある時をすごすのが何なのかは人それぞれでしょう。

 

自分にとって有意義な時間を見つけ出し、

 

満足な人生だったといえる自分になりたいものです。

 

 

 


スポンサードリンク