夏の風物詩花火大会を楽しむ

夏になるとはずせないのが夏の夜に色鮮やかに

 

はじける花火ですね。

 

この花火のルーツは中国の狼煙なんだそうです。

 

それが日本では、戦国時代に火縄銃が海外から

 

もたらされ、火薬が多く輸入されるようになるにつれ、

 

花火も日本で独自に進化したようなのです。

 

戦国時代の記録には花火を伊達政宗が観たこと

 

が記録されており、また徳川家康も日本で進化した花火を

 

イギリス国王にみせたという記録も残っているようです。

 

またこの当時の花火は、空に打ちあがるほどのものではなく

 

筒から噴出す程度のものしかなかったようです。

 

そこから進化していき、江戸時代には空に打ちあがる花火を

 

皆が楽しむ花火大会が催されるようになったのです。

 

花火大会の由来

 

花火大会が開催されたれたきっかけは、8代将軍吉宗の時代

 

になります。その当時、飢饉や疫病で多くの死者が出ました。

 

その鎮魂のために花火を打ち上げたことがきっかけだったようです。

 

この花火を打ち上げたのが「か〜ぎや〜」で有名な6代目鍵屋弥兵衛

 

です。これを「両国川開き花火」と呼んでいましたが、現在の「隅田川花火大会」

 

のルーツとなっています。歴史が深いわけです。

 

昭和に入り、戦争が盛んな時期は火薬が大事なため、花火の製造は一旦

 

中止されますが、その後は、復活して現在の美しいきらびやかな花火が生産

 

されます。

 

海外との違い

 

花火は世界共通と思っている方もいるかもしれませんが、花火の形は日本と

 

海外ではまったく違います。

 

花火の形が海外では、円筒形で八方に広がりますが、日本の花火は菊や牡丹

 

などの名称からもわかるとおり、基本花をイメージしているので丸い形になります。

 

そして、日本の花火は形の美しさやきらびやかさなどを重視するのに対し、海外は

 

花火そのものよりも音や迫力といったよりエンターテイメント性を重視しています。

 

日本は、花火は文化といえるほどの芸術性を備えていますよね。

 

花火大会は花火そのものの美しさを愛でるイベントです。そこにエンターテイメント性

 

が多少含まれているかもしれませんが、どちらかというと、美術館や博物館を見に行く

 

感覚も多々含まれている感じがしませんか?

 

 

打ち上げ花火の種類

 

打ち上げ花火の種類は基本3つです。

 

1.割物

 

火薬を四方八方に飛ばし、丸く開く花火で日本独自で進化した最たるものです。

 

種類として菊物と牡丹物に大別されます。

 

 

花火

 

菊物は、中心から尾を引いて広がるタイプで、

 

牡丹物は尾を引かずに点が中心から外に広がるタイプのものをいいます。

 

 

2.ポカ物

 

花火が上空に昇っていき、ポカッと割れることから名づけられています。

 

花火

 

ポカット割れたあとに、シュルシュルと音を立てて

 

四方八方にランダムに飛び回る「蜂」、尾を引きながら下に流れ落ちて行く「柳」

 

など必ず花火大会では観ると思います。

 

 

3.曲付

 

花火

 

花火が昇っていく途中で、様々なバリエーションで変化して行く花火です。

 

ヒュルヒュルと音を立て(昇り笛付)、光の尾をまっすぐ引いているのを「昇り朴付」などと

 

いいます。あー、あれかとわかりますよね。

 

 

関東の花火大会

 

それでは、関東で人気の花火大会をいくつかご紹介します。

 

隅田川花火大会

 

歴史を辿れば、深い歴史を持つ隅田川花火大会。

 

約2万2千発の花火が打ち上げられる、

 

約100万人が訪れる人気の花火大会です。

 

 

隅田川花火大会の公式HPはこちら↓
花火

 

 

 

足立の花火

 

 

花火

 

関東の花火では最も最初に開かれる花火大会です。

 

 

河川敷で開かれるので、土手に座り、ゆっくりと鑑賞できます。

 

 

約1万2千発で、1時間ほどですが、凝縮された花火の打ち上げは圧巻です。

 

 

足立の花火(あだち観光ネット)のHPはこちらをクリック

 

スポンサードリンク

関連ページ

よさこい祭りを楽しむ
よさこい祭りに関する記事を掲載しています。
北海道マラソンとは?参加するには
北海道マラソンに関することの記事を集めました。