勤労感謝の日に日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょうか?

勤労感謝の日

11月23日の“勤労感謝の日”はご存知ですよね?

 

日本の国民の祝日の一つです。

 

国民の祝日に関する法律の祝日法に基づくと、

 

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」となっています。

 

勤労感謝の日は“働く人に感謝する日”ではなく、新嘗祭という収穫を祝うお祭りのことです。

 

その他にも勤労感謝の日のプレゼントの動向を見て行きましょう。

 

 

“勤労感謝の日”ではなく“新嘗祭”?

 

新嘗祭というのは新穀の収穫を感謝するお祭りのことで、11月23日に毎年行われています。

 

11月23日は“勤労感謝の日”ではなく“新嘗祭”であったのです。

 

現在でも何故、新嘗祭と呼ばれているのか、

 

戦後のGHQの指示で新嘗祭から勤労感謝の日に変更されたからです。

 

ですから、11月23日の“働いている人に感謝する日”

 

勤労感謝の日はもともとは“新穀の収穫を感謝するお祭り”新嘗祭”だったのです。

 

勤労感謝の日にプレゼント

勤労感謝の日の由来が分かったところで、働いている人には感謝をするべきですね。

 

“働いている人に感謝をする”ということで、みなさん感謝するべき人が思い浮かびますか?

 

父親、母親、夫、妻・・・この機会に日頃の感謝を伝えたいですね。

 

感謝を伝えるにはプレゼントが最もわかりやすい方法でしょう。

 

ですが、プレゼントを用意するというのは誰に渡すとしても難しいものです。

 

プレゼントを送るとしても送る対象によって用意するプレゼントの種類なども変化します。

 

父親へのプレゼントというのならば、ネクタイやハンカチなど、

 

仕事や日頃から使用することの出来るものがいいかもしれません。

 

好きなブランドなどがわかっているなら、それもいいかもしれません。

 

母親なら日ごろの慰労の意味をこめて、マッサージ器(少し高いならフットマッサージャーなど)や定番の花、

 

スイーツやアクセサリーなどでしょうか。子供のころならよくマッサージ券など渡していましたね。

 

人によって好みも変わってきますが、日頃から感謝したい人の好みは分かりやすいものではないでしょうか?

 

プレゼントも大切ですが、感謝を示すのが一番です。日頃の感謝をこの日を機会に示してみてはいかがでしょうか?

 


スポンサードリンク

関連ページ

11月3日はなんの日?文化の日のお出かけ情報
文化の日に関することの記事を集めました。