七五三の由来や千歳飴

ヘッダー

皆さん当然ご存知の七五三参り。

 

日本の伝統的な年中行事です。

 

七五三の由来やその意味などをキチンと

 

知っている人はどれだけいるのでしょうか。

 

時代の子供たちにも伝えて行くためにも

 

由来や意味などを知り、そして改めて

 

日本の伝統行事として見るのが好ましいですよね。

 

 

七五三の由来

 

七五三の起源は室町時代と言われています。

 

江戸時代の武家社会を中心に関東から

 

全国各地に広がったという説が有力です。

 

昔は今と比べて小さい子の死亡率が高く、

 

成長する前に亡くなってしまうことも多いものでした。

 

そこから七五三のお祝いは今まで無事に

 

成長したことへの感謝とこれからの将来と

 

長寿を願う意味を持っています。

 

七五三参りは11月15日とされています。

 

七五三の数と男の子と女の子

 

七・五・三なのは、昔から奇数がめでたい数と

 

されていたからだと言われています。

 

3歳「髪置」:男女とも3歳で髪を伸ばし始める。

 

5歳「袴着」:男の子が5歳で袴をつけはじめる。

 

7歳「帯解」:女の子が7歳で帯を締める着物にかえる。

 

というように年齢ごとに儀式が定まっていました。

 

現在の七五三の「男の子は3歳と5歳」

 

「女の子は3歳と7歳」というのはこの儀礼に沿っているからです。

 

 

七五三を記念に残す

七五三

 

七五三の時の子供の姿を記念に写真に残しておくことは、

 

昔からありましたが、その写真をプロの人にとってもらうこと

 

も増えましたね。たとえば今では全国展開しているスタジオアリス

 

のような店舗で写真を撮ることです。

 

ここでは、衣装はもちろんのことヘアーをアレンジしたり、小物類なども

 

そろえており、気難しい子供の笑顔を引き出すノウハウ

 

が準備されています。写真をキーホルダーにできたりと

 

様々なサービスも取り揃えています。

 

スタジオアリスのHPをみる

 

千歳飴とは?

 

千歳飴はみなさん一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

 

あの長い千歳飴のあの形には意味があります。

 

千歳飴は子どもの長寿を願い、

 

粘り強く長くという意味あいがあります。

 

千歳飴は縁起の良い紅白の飴となっており、

 

千歳飴を淹れる袋も日鶴亀や松竹梅などが描かれ、

 

長寿と健康を願う縁起物となっています。

 

しかし、最近では短く太いものもあり、

 

一部ではそれはどうなのだろうか

 

という意見もあるそうです。

 

大人になると千歳飴を食べる機会もあまりなく、

 

覚えていない方も多いでしょう。

 

七五三

 

自分が子どもの頃に行った七五三参りを

 

思い出したりしましたか?

 

アルバムなどを辿ってみるとその当時の写真が

 

見つかったりしてほんわかしますね。

 

子どもの長寿を祈り、祝福するこの日本の伝統行事。

 

少子化などと騒がれている今の日本ですが、

 

子どもはいつでも純粋で無垢な存在です。

 

11月の中旬には日本全国でそういった和やかな景色が見れるかもしれません。


スポンサードリンク

関連ページ

勤労感謝の日に日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょうか?
勤労感謝の日に関することの記事を集めました。
11月3日はなんの日?文化の日のお出かけ情報
文化の日に関することの記事を集めました。