今年のクリスマスはどう過ごす?

誰でも知っているクリスマス。

 

最近の日本では恋人で過ごすのがメジャーになったりして、

 

本来の起源を全く知らない人も多いのではないでしょうか?

 

クリスマスの起源を知り、クリスマスデートやクリスマスプレゼントなど定番どころを見ていきましょう。

 

クリスマスの起源や日本の風習

 

流石に皆さん知っているであろうクリスマスの起源。

 

12月25日にイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の年中行事です。

 

世界の多くで12月25日は休日扱いされています。日本は普通に平日となっています。

 

クリスマスの過ごし方

 

Googleなどで「クリスマス 過ごし方」と検索してみると、

 

上位に「一人で過ごすクリスマスの楽しみ方」などが出てくる今日です。

 

世間としても恋人が居ない10代20代の男女が多いという統計も出ているそうです。

 

クリスマスの過ごし方は人それぞれですが、恋人と過ごすというのが

 

日本のメジャーな過ごし方となっています。

 

あとは家族で過ごすなど心温まるイベントではあります。

 

クリスマスデートやイルミネーションに

 

クリスマスが近くなると、都内では様々なところでイルミネーションが輝き始めます。

 

大抵はハロウィンが終わった11月ごろから徐々に増え始め、

 

12月には色々なところで綺麗な光を見ることができます。

 

ここで東日本でイルミネーションを見るにはどこがいいのだろうかというところを見て行きましょう。

 

2017年の全国のイルミネーションランキング3位までを見てみましょう。

 

東京ドイツ村
東京ドイツ村

1位

 

約250万球もの電球を使用している関東でも最大級のイルミネーションです。

 

これだけ多くの電球を使用していることでも幻想的で美しい状況が想像できますよね。

 

カップルはもちろん、子供連れでも楽しめます。

 

あしかがフラワーパーク

フラワーパーク イルミネーション

 

見所は、フラワーパークだけに花と光のコラボのイルミネーションです。

 

もともときれいな花と光のイルミネーショですから、感動すること間違いなしですね。

 

カレッタ汐留

イルミネーション

 

 

27万球ものLEDを使用する豪華な青色を基調としたイルミネーションに

 

うっとりしてしまいます。

 

 

東日本ばかりでは関西の方はどこに行けばいいのかとなってしまうので、

 

関西のランキングも3位までを見てみましょう。

 

ネスタリゾート神戸

イルミネーション

 

フローラルアーケイド、マーメイドパラダイス、アンダーウォーターワールド、

 

ファンタジーラグーンの4つのストーリーで構成される光のファンタジーです。

 

ここには宿泊施設なども備わっているので、ゆっくり堪能できます。

 

 

万博記念公園

イルミネーション

 

万博を象徴する太陽の塔を立体的にみえる3Dプロジェクションマッピング

 

が面白いです。

 

 

須磨海浜水族園

イルミネーション

 

夜の水族園で莫大な数の電球を使用したイルミネーションが売り。

 

またプロジェクションマッピングを使用したイルカナイトライブもあわせて

 

見ものです。

 

 

どこか気になるところがあったら是非行ってみてください。

 

スポンサードリンク

関連ページ

お歳暮とは?お歳暮に選ばれる人気品やそのマナーなど
お歳暮に関することの記事を集めました。
終い天神とは?12月25日
終い天神に関することの記事を集めました。