終い天神とは?12月25日

北野天満宮

みなさん“終い天神”をご存知でしょうか?

 

京都付近の方なら知っているかもしれません。

 

終い天神とは、毎年12月25日に行われている天神のことです。

 

京都の12月の行事のこの終い天神のことについて見て行きましょう。

 

 

終い天神とは?

 

そもそも天神とはなんでしょうか?

 

天神とは毎月25日の北野天満宮の市のことです。

 

毎月25日に法楽連歌が催されていたことがあり、

 

やがて菅原道真を慰めるかのように市が立ったと言われています。

 

菅原道真の誕生日6月25日、薨去の2月25日に因んで天神様の縁日として25日には行われています。

 

そして、12月の25日の一年の最後の天神の事を“終い天神”といいます。

 

天神は京都の北野天満宮で毎月行われており縁日で賑わってます。

 

12月の終い天神では1年を締めくくる恒例の行事として、

 

境内周辺では早朝から植木など骨董品などを商う露店が数多く立ち並び、

 

多くの参拝客やお客さんで賑わいます。

 

時間としては早朝から夕刻まで行われており、

 

冬は日が短いので早く終わってしまうかもしれないので、その点注意をしましょう。

 

また早朝は、骨董品などが多く並ばれているので、目利きのプロも多くきていることが多いです。

 

骨董品に興味のある方、目利きに自信のある方は早めにいかれたほうがよいです。

 

北野天満宮

 

この終い天神は京都府上京区の北野天満宮で行われます。

 

北野天満宮は全国的にも有名で、みなさんも聞いたことがあると思います。

 

通称として、天神さん・北野さんとも呼ばれています。

 

福岡県太宰府市の天満宮とともに天神信仰の中心とされており、

 

近年では学問の神様として多くの受験生らの信仰を集めています。

 

受験生のお守りを北野天満宮で買って受験生に贈るという方も多いそうです。

 

12月25日

 

12月25日と聞くとクリスマスが真っ先に思い浮かぶと思います。

 

その裏では京都では、このように縁日が行われているのです。

 

クリスマスのようなイベントも好きな方が多いでしょうが、

 

このような縁日に参加したい方はこちらに参加するのも楽しい年末の過ごし方になるのではないのでしょうか?

 

みなさんも是非、12月25日に足を運んでみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

関連ページ

今年のクリスマスはどう過ごす?
クリスマスに関することの記事を集めました。
お歳暮とは?お歳暮に選ばれる人気品やそのマナーなど
お歳暮に関することの記事を集めました。