あなたは解ける?難問だらけの高校生クイズ大会

 

高校生クイズ大会、正式名称は「全国高等学校クイズ選手権」はみなさんご存知だと思います。

 

毎年、夏辺りにTVで放送していますね。

 

この高校生クイズ大会はは1983年から始まったと言われている。

 

「アメリカ横断ウルトラクイズ」という番組をご存知のかたは分かるかもしれませんが、

 

その弟番組という位置づけから始まりました。

 

毎年開催されているこの大会は一体どういうものなのかを見て行きましょう。

 

 

高校生クイズ大会とは

 

同じ学校に通う高校生・高専生・中等教育学校生が二人一組となって

 

チームを組んで様々なクイズに挑戦していきます。

 

“「究極の喜怒哀楽エンタテイメント」高校生クイズ”と公式サイトではいっており、

 

全国の現役高校生が知力、体力、運の良さを競うイベントとされています。

 

かなりのクイズ猛者たちばかりで、高校生と侮れないハイレベルな戦いとなっています。

 

参加条件

 

参加条件としては、同じ学校の生徒の2人組というのが基本的な条件です。

 

野球の甲子園と違って、高校生クイズは2人のチームさえ作れば

 

1つの高校から何チームも出場することができます。

 

地区大会は全国17の会場を舞台に開催されており、

 

17地区ごとに全国大会へ出場出来る各都道府県の代表チームを選抜します。

 

全国大会〜1回戦は国内(東京)で行われ、全国大会の決勝ラウンドはアメリカで行われます。

 

アメリカで行われる2回戦以降は勝ち抜き方式となっており、

 

敗退したら帰国という流れのようです。

 

実際に出された問題

 

それでは、実際に問題として出されたものを見て行きましょう。

 

ちなみに、高校生クイズ公式攻略本という指南書も発売されており、

 

実際に過去に出題された問題が数多く載っています。

 

2000年に出版されたということもあり、現在ではすでに絶版となっているそうです。

 

ネットオークションなどでたまに出品される事があるようなので、気になる方は調べて見てください。

 

今回は第31回の全国大会で出題された問題を見てみます。

 

Q1.『世界で最も高い山はエベレストですが、金星で最も高い山を答えなさい。』

 

みなさん分かりますか?私はさっぱり分かりません。

 

答えは、A1.『マクスウェル山』だそうです。

 

Q2.『1891年に世界ではじめて、グライダー飛行に成功したのは何兄弟か答えなさい。』

 

あれ?これはもしかして、“ライト兄弟”なのでは!!と思いました。

 

答えはA2.『リリエンタール兄弟』だそうです。ライト兄弟は動力飛行機でしたね。

 

このように正直、普通の生活では触れないような知識のクイズが出されていきます。

 

こんな問題をスラスラ答えれる高校生は凄いですね。

 

高校生でクイズには自信があるぞ!という方はTVで見るだけではなく、

 

実際に参加してみるのも楽しいのではないかと思います。

スポンサードリンク