十日戎とは?有名な今宮戎神社

エイプリルフール

 

みなさん“十日戎”をご存知でしょうか?

 

“十日戎”と書いて“とおかえびす”と読みます。

 

十日戎とは、1月10日およびその前後の9日11日に行われる戎社(えびすやしろ)の祭礼のことです。

 

十日戎とは?全国的に有名な十日戎での祭礼は?などを見て行きましょう。

 

 

十日戎

 

1月10日の前後で行われる戎社の祭礼のことを指すと上でも記しました。

 

その内容としては、七福神の一人の商売繁盛の神とされる戎(恵比寿)様を奉り、

 

参詣者が商売繁盛を願うものです。西日本では一般的とされています。

 

東日本の方でも聞いたことがある方は多いかとも思います。

 

俗称としては「えべっさん」とされています。この9日〜11日に3日間市がたち、

 

芸妓たちの乗った宝恵駕籠がかつぎ出され、

 

参拝者は小ザサにつるした縁起物などを買って帰るような行事となっています。

 

縁起物として有名なものは、福笹が挙げられます。

 

この福笹のセールス口上として「商売繁盛で笹持ってこい」というものがあり、

 

“笹を持って来れば商売繁盛させます”や“商売繁盛したら、また戻って来なさい”という意味です。

 

福笹につける縁起物で、戎様への願いや信仰を表しています。

 

西日本ではこのような商売繁盛の祈願はメジャーであり、

 

東日本もこのようなものがあっても良いかとも思ってしまいますね。

 

十日戎はどこが有名?

 

西日本ではメジャーなこの十日戎は、西日本の中でも今宮戎神社が最も有名とされています。

 

今宮戎神社は、大阪市浪速区にある神社で、商売繁盛の神様「えべっさん」として知られています。

 

1月9日〜11日にかけて十日戎が盛大に開催されている。

 

3日間行われるとはいえ、3日間同じことをしているわけではありません。

 

9日は宵宮祭(宵えびす)、10日は大祭(本えびす)、

 

11日は後宴(残り福)という名前のお祭りを開催しています。

 

今宮戎神社の毎年の訪問者は100万以上とされており、

 

参拝者はお賽銭に大金を投げ、大金が飛び交うことでとても有名で賑わっています。

 

商いをしている方は、是非お正月休み明けにこの今宮戎神社に赴き、

 

商売繁盛を祈願してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

関連ページ

新年会とは?楽しく宴会をする
新年会に関する記事をあげました。
鏡開きとは?関東と関西のお雑煮の違いなど
鏡開きに関することの記事を集めました。
七草とは?七草粥を食べる理由
七草に関することの記事を集めました。
お年玉とは?相場金額など
お年玉に関することの記事を集めました。 お年玉のいわれや現状の相場など切り込みます。
年賀状で新年の御挨拶
年賀状に関することの記事を集めました。