七草とは?七草粥を食べる理由

七草

七草粥をご存知だと思いますが、実際食べている方は少ないかもしれません。

 

ましてや“七草”を全て言える人はもっと少ないかもしれません。

 

皆さんは七草の七つを知っているでしょうか?

 

その七草とは?七草粥をどう食べるか?などを見て行きましょう。

 

七草とは?

 

七草とは人日の節句と言われている1月7日の朝に、

 

7種の野菜が入ったお粥を食べる風習のことをいいます。

 

もともとの“七草”とは秋の七草である、「オミナエシ」、「ススキ」、

 

「キキョウ」、「ナデシコ」、「フジバカマ」、「クズ」、「ハギ」のことを指していましたが、

 

小正月の1月15日のものは「七種」と書かれており、

 

この七種も「ななくさ」と読んでいたり、一般には7日正月のものを

 

ななくさと書くなど様々なものが“ななくさ”となってしまい、

 

現在では七草を食べるという風習だけが形式として残ったとされています。

 

ちなみに1月7日に食べる、七草粥には“春の七草”を入れることになっています。

 

春の七草は「セリ」、「ナズナ(ぺんぺん草)」、「ハハコグサ」、「ハコベ」、

 

「コオニタビラコ」、「カブ」、「ダイコン」の7つです。

 

この7種の野菜を刻んで入れたお粥を七草粥と呼びます。

 

七草粥はどういうもの?

 

七草粥

 

七草粥は邪気を払い万病を除く占いとして食べられます。

 

そういう昔からの風習的な、呪術的な意味合いばかりではなく、

 

お正月の料理で疲れた胃を休めるという効果もあります。

 

野菜が乏しい冬場に不足されがちな栄養そうを補うという点もあり、

 

現代人こそこのような風習を習うべきだとおも思いますね。

 

七草粥は1月6日の夜に予め用意した七草をまな板の上に乗せ、

 

七草の歌を歌いながらしゃもじや包丁の背などで叩いて

 

細かくするという風習も関東地方の一部ではあります。

 

七草粥は七草全てが使われてるわけではなく、

 

地方によっても食材が異なる場合もあり、気候や積雪の為

 

七草が詰めない東北ではお粥を炊いたり、山形ではゴボウ、

 

人参、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、

 

七草汁を1月7日の朝食に食べるという風習があります。

 

地方によって変わるのも面白いですね。

 

現代では七草粥を食べる人があまり居ないかもしれませんが、

 

年の暮れから正月の豪勢な食事で疲れた胃を休め、

 

風邪予防として七草粥を1月7日に食べるのは

 

とても良いと思います。

 

ぜひ、七草粥を作って食べてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

関連ページ

新年会とは?楽しく宴会をする
新年会に関する記事をあげました。
鏡開きとは?関東と関西のお雑煮の違いなど
鏡開きに関することの記事を集めました。
十日戎とは?有名な今宮戎神社
十日戎に関する記事を掲載しています。
お年玉とは?相場金額など
お年玉に関することの記事を集めました。 お年玉のいわれや現状の相場など切り込みます。
年賀状で新年の御挨拶
年賀状に関することの記事を集めました。