お年玉とは?相場金額など

お年玉

みなさん、お正月にはお年玉を貰ったりあげたりしますね。

 

もう貰える年齢ではない人は親戚の子どもたちにあげるのではないのでしょうか?

 

お年玉はあげるものだと思われがちですが、なぜお年玉をあげるのでしょうか?

 

考えたことが無かった方もいるかもしれません。

 

そこで、お年玉の起源やお年玉の年齢別の相場金額などを見て行きましょう。

 

お年玉の起源

現在ではお年玉ではお金を渡していますが、もともとはお金ではなくお餅でした。

 

今の子どもがお年玉でお金を渡さずにお餅を渡したらびっくりしちゃいますね。

 

そのお餅にも重要な意味がありました。お年玉で渡すお餅は魂を象徴するものと言われており、

 

生きる力、気力を表しています。

 

年の始に年神様という神様から新年の魂を分けていただくのが落とし玉の本来の目的でした。

 

年神様というのは、お正月に家に迎えておもてなしして見送る神様です。

 

その神様の気力などを分けて与えてもらい、新年の生活を始めるというのが昔の習慣だったそうです。

 

そのお餅を使ってお雑煮を作り食べることで、体にその魂を取り込みます。

 

また、年の賜物(たまもの)であることから「としだま」という説もあります。

 

そのお餅が何故現在ではお金になったのはいくつか諸説がありますが、

 

江戸時代には庶民にも浸透していました。

 

お餅だけではなく、品物やお金を渡すこともあってこうした年始の贈り物を総称してお年玉とされました。

 

お年玉の金額

お年玉をいくら上げればいい?と渡す側の人は困ります。

 

年齢によって分けている方が多いのではないのでしょうか。

 

最近の調査では、小学生のお年玉の相場金額は学年×1000円というのが相場と言われています。

 

小学生だけではなく、中学生高校生大学生と見て行きましょう。

 

中学生は小学校の高学年とほぼ同じ金額の5000円程度と答える方が多かったようです。

 

高校生は5000円〜10000円の間が多いとのことです。

 

大学生にまでなると貰えないという学生も多く、相場を決定するとなると難しいものですが、

 

貰っている方は10000以上貰っているようです。

 

こういった金額が関わってくると決めるのが難しいところがあります。

 

その子どもが無駄遣いしないかなども考えた方がいいのかなど様々な問題があります。

 

その子どもにあった金額を渡すのが一番いいですね。


スポンサードリンク

関連ページ

新年会とは?楽しく宴会をする
新年会に関する記事をあげました。
鏡開きとは?関東と関西のお雑煮の違いなど
鏡開きに関することの記事を集めました。
十日戎とは?有名な今宮戎神社
十日戎に関する記事を掲載しています。
七草とは?七草粥を食べる理由
七草に関することの記事を集めました。
年賀状で新年の御挨拶
年賀状に関することの記事を集めました。