バレンタインデーとは?人気チョコレートブランドをご紹介

バレンタインデー チョコ ブランド

みなさんご存知の2月14日のバレンタインデー。

 

日本では女性から好きな男性へチョコレートを渡す日ということになっています。

 

最近では友チョコなどの友人間でのチョコレートの交換なども

 

行われているようで、年々バレンタインの動向が変わっているように感じます。

 

もともとのバレンタインデーとはどのようなものだったのか?

 

人気のバレンタインのチョコレートなど見て行きましょう。

 

バレンタインデーとは?

 

バレンタインデーは英語で"Saint Valentine's Day"と書きます。

 

バレンタインデーの起源とは西暦3世紀のローマ帝国の時代まで

 

遡る必要があります。聖バレンタインに由来すると言われています。

 

そこまで昔に遡らずに、日本のバレンタインデーの歴史を辿っていきましょう。

 

日本では1958年ごろから流行したと言われています。

 

世界では男女の愛の誓の日とされていますが、

 

日本では少し違ったように定着していったと言われています。

 

定着したのは1970年台後半で「女性が男性に対して

 

親愛の情を込めてチョコレートを渡す日」と成立したのもそのころでした。

 

バレンタインデーにチョコレートを渡してはどうだろうか?と最初に考案して

 

実践したのは大田区の製菓会社といわれています。

 

バレンタインデーとチョコレート

 

みなさんも学生時代は誰が誰にチョコを渡すなど、

 

ドキドキするようなイベントがあったかもしれません。

 

何故チョコレートなのか?と誰もが1度は疑問に思ったのではないのでしょうか。

 

西欧や米国でも恋人やお世話になった人にチョコレートを贈るようなことはありますが、

 

チョコレートに限ったことでもないしバレンタインに限ったことでもないと言われています。

 

日本のバレンタインデーは独特なものだというのが真実です。

 

人気のチョコレートブランド

 

男性でも女性でもチョコレート好きな方にとってバレンタインデーは素敵な日です。

 

渡すにしろ渡さないにしろ、お店にはバレンタインフェアで

 

様々なチョコレートが宝石のように並べられています。

 

そこで、人気のチョコレートブランドを紹介していきましょう。

 

1つ目は、"ゴディバ"。

 

みなさんご存知だと思います。

 

誰もが知っているベルギーチョコレートのブランドです。

 

チョコレートといえばこのブランドなのではないでしょうか?

 

ゴディバは老舗で高級感があり、知名度は抜群なものです。

 

貰うにしろこういった"分かりやすい"というのは重要だと思われます。

 

2つ目は"ピエール・マルコリーニ"です。

 

ベルギーのショコラティエであるピエール・マルコリーニが2001年に

 

日本初上陸を経て銀座に本店を構えた高級感のあるチョコレートです。

 

ピエール・マルコリーニはチョコレートの本場であるベルギー生まれの世界的なショコラティエです。

 

ピエール・マルコリーニは他のベルギーチョコレートと差別化する為に、

 

本来のベルギーチョコとは違う方向性になっています。

 

ポーションが小さくなり甘さが控えめになっています。

 

そういったチョコレートが好みな方はピエール・マルコリーニがオススメです。

 

3つ目に"ラ・メゾン・デュ・ショコラ"。

 

甘さを抑えた上品な味わいのチョコレートとして人気を集めています。

 

パリ発のショコラトリーとして東京などに店舗を構えています。

 

ラ・メゾン・デュ・チョコレートは引き立ったカカオの風味、

 

濃厚なのに飽きない甘さのチョコレートです。

 

見た目はシンプルですが、華やかさを見た目ではなく、

 

味というところで表現しております。

 

ショコラ好きとしては一度は食べてみたいものだといえます。

 

バレンタインは1年に1度ということもあり、高級なチョコレートをこの日をきっかけに買うという人もいます。

 

だから、こういう機会を活かして高級なブランドのチョコレートを食べるのも

 

バレンタインの楽しみの一つとして楽しむことが出来そうです。


スポンサードリンク