ひな祭り

ひな祭り

みなさん3月3日は何の日か知っていますよね?

 

そうです、“ひな祭り”です。

 

ひな祭りといえば、お内裏様とお雛様が並んでいる雛人形ですよね?

 

家族に女の子がいる方は飾りつけた記憶があるかもしれません。

 

そこで今回は、ひな祭りとは?ひな祭りに飾るものなどを掘り下げていきましょう。

 

 

ひな祭りとは?

ひな祭りの起源はさまざまな説があり、その一つの説として平安時代の中期だと言われています。

 

京都で現在のひな祭りのようなものがあったと記録されており、

 

貴族の女性の中で現在の雛人形で遊ぶ、人形遊びのままごとのようなことをしていたそうです。

 

その平安時代には、紙で作った人形を川へ流す“流し雛”という文化があり、

 

雛人形は“災厄よけ”や“守り姫”と祀られるようになりました。流し雛は儀式的に行われ、

 

江戸時代ではひな遊びと決まった季節に行われていた儀式が合わさって人形を飾るようになったと言われています。

 

それ以降3月に決まって雛人形を飾るひな祭りが行われるようになりました。

 

ひな祭りに飾る

 

ひな祭りには雛人形を飾りますよね?

 

それ以外にも桃色、白色、緑色の菱餅やひなあられなどがあります。

 

雛人形は、厄祓いをして不幸を遠ざける意味があります。

 

雛人形は我が子の災いや厄を引き受けてくれるという言い伝えがあります。

 

ですから、雛人形を早くしまわないと嫁に行き遅れるなどの迷信が生まれました。

 

雛人形が引き受けた厄や災いをそのまま近くにおいておくのは

 

不幸を身近においておくことになり、婚期が遅れるということになりました。

 

行事食の菱餅の3色はそれぞれに意味があると言われています。

 

桃色は魔除けの効果があり、白色は、清浄・純潔を意味し、

 

緑は健康・新緑の生命力を意味しています。

 

菱餅以外にもあられやちらし寿司などの行事食があります。

 

ひな祭りは春の訪れを祝う意味もあり、雛人形を見ると春が来たと実感させられます。

 

家族に女の子がいる方は雛人形を飾り、幸福と成長を願いましょう。


スポンサードリンク

関連ページ

春分の日とは?お彼岸とは?供養物の違い
春分の日に関する記事を掲載しています。