エイプリルフールとは?その説

エイプリルフール

みなさん4月1日はご存知、”エイプリルフール”です。

 

毎年4月1日は嘘をついてもよいという風習のことです。

 

エイプリルフールの嘘は午前中までに限るという言い伝えもあります。

 

エイプリルフールは日本語で”4月馬鹿”といわれています。

 

その4月1日のエイプリルフールの諸説などについて探っていってみましょう。

 

そもそもエイプリルフールとは?

 

エイプリルフールの由来には諸説あり、正確な由来は分かっていないとされています。

 

最も伝えられているエイプリルフールの起源説はフランスのグレゴリオ暦採用の説とのことです。

 

それらは後々に触れていきます。まずは日本のエイプリルフールについて考えてきましょう。

 

日本へエイプリルフールが伝えられたのは江戸時代だと言われており、

 

中国経由で伝えられたとされています。当時の日本では“不義理の日”と言われており、

 

日頃はあまり合わない知人に手紙を出し、日頃の不義理を詫びる日となっていました。

 

現在の日本でのエイプリルフールは有名企業などがインターネット上での

 

ホームページやTwitterなどのツールでユニークなエイプリルフールネタを仕込んでいたり、バラエティ豊かな日となっています。

 

エイプリルフールの諸説、ヨーロッパ編

 

エイプリルフールの最も伝えられている、ヨーロッパのフランスで生まれたという説を見て行きましょう。

 

古代のヨーロッパでは、春分祭を1年の区切りとして、

 

春分の日としている3月25日を年初として現在のエイプリルフールの4月1日まで春の祭りを行っていました。

 

そして、16世紀となりフランスも暦が改正するとなり1月1日が年初となることになりました。

 

この暦の改正に反対した人々が、4月1日を“嘘の新年”として、

 

馬鹿騒ぎをしはじめました。

 

しかし、新しい暦を採用しこのような自体に陥ったことにフランスの偉い方は怒り狂い、

 

“嘘の新年”と騒いでいた人々を逮捕して処刑するということをしました。

 

この事件によりフランスの人々は大変ショックを受け、国への講義とこの事件を忘れることのないように、

 

その後も“嘘の新年”として4月1日を祝うようにするようになったのが

 

最も伝えられているエイプリルフールの起源と言われています。

 

うそでもTPOに応じたうそにしましょうね。


スポンサードリンク